文章を自動で生成するソフトを
実際に使ってみた感想です

文章を自動で生成するソフトを実際に使ってみた感想です

矢印

自分なりの見解を入れて、
リライトしてこそ生きる自動生成ソフト

初めまして、田中と申します。本日は、この「文章を自動で作成するソフト」の私なりの感想をまとめたサイトにアクセスして頂き、ありがとうございました。私は、かれこれ10年ほどでしょうか、アフィリエイトを続けている、しがない?変わり者でして。

10年間もアフィリエイトをしていると、よく言われる事なんですが・・・。「アフィリエイトって、昨今のユーチューバーと同じで、一生の仕事では無いですよね~」とか、「アフィリエイトなんて徒労の作業、よくやってますよね~」とか。まあ「言い得て妙」な気もしますが。

正直言って、アフィリエイトという、別にこの世に無くても全然構わない活動?が、グーグル様になかなか認知してもらえない現実を、嫌と言うほどに味わって来た者として、サイトやブログの文章や記事を、自動で作成するソフトの解説をするのは、いかがなものか? とも感じている今日このごろなんですが・・・苦笑

とは言え、一介のアフィリエイターとして、今回ご紹介する「文章自動生成ソフト」の全ては、現実に私自身が購入して使ってみたものばかりです。そのチンケの体験談というか、私なりの使用感を、これから書いてみたいと思っています。

自分自身で書き起こした文章に勝るものは無い

まあ、ハッキリ断言しますが、結論としては、アフィリエイトの為のサイトやブログの文章は、苦しいなりにも、どんなに面倒であっても、自分自身で書き起こした文章に勝るものは無い! という、しごく当たり前の結論もあるのです。

いみじくも、Google様も言われています。「アフィリエイトのためだけのウェブサイトや、内容の薄いアフィリエイトサイトはウェブユーザーに付加価値を提供していないと考えています」と。
Google様の品質に関するガイドライン

この辺りのGoogle様の指針は、考えてみれば、当たり前と言えば当たり前ですよね~。これだけネット環境が、成熟してしまった現在、アフィリエイターにとっては、他のアフィリエイトサイトとの差別化を図る?事は、とっても重要ですし。

と言うか、Google様はべつに、アフィリエイトが悪い事だとは言われていないのです。だって、世の中の、アマゾン様だって、楽天市場様だって、あなたの街の小売店様だって、製造元・卸元から商品を仕入れて、それに幾らかのマージンをのせて販売しているのが、世の中の現状なんですから。

自分なりの見解を入れてリライトする

しかしです、これらの「文章を自動で作成するソフト」を下地に使って、自分なりにリライトできるようになれば、これらソフトは、充分にアフィリエイトの味方になってくれるものだと思っていますので。繰り返しますが、かならず自分なりの見解を入れて、リライトしてこそ生きる文章だと思ってください。

文章自動生成ソフトの先駆者

何年もの間、アフィリエイトにいそしんでいて感じることですが。私が真に認めた文章自動生成ソフトを制作した先駆者といったら、「今井佳宏」さんだと思っています。この今井さんの記事自動生成プログラムは、数年前、一世を風靡しました。というか、今でも今井佳宏さんが開発されている、ブログやサイトの記事を自動で生成するプログラムは販売されていますし、今でも有効な仕様なんですが。

ただ、最近では、今井さんのプログラムを凌ぐ文章自動生成ソフトが出現しているのは事実だと思っています。ズバリ、それは何か? というのも、私なりの結論は出ているのですが。とりあえず、いくつかの、文章を自動で作成するソフトを実際に使ってみた、私なりの感想も書いてみます。私なりの評価の点数も付けておきますので、もし良かったら、参考にしてみてくださいね。

矢印

評判が高い記事自動生成ソフト達

順不同で、紹介していきます。
私なりのベストな文章自動生成ソフトの結論は、最後にします。


♪ゴーストリライターVer.3
ghost-rewriter.net/
吐き出しの文章の形式は、TXTファイルです。最高、1500文字までのテキストを生成してくれて、無限の数の文章(ここが凄い)を一度に作れます。ただ、私の感想としては、センテンスというか、1ブロック毎の関連性がイマイチのような気がしています。通常版と簡易版が発売されています。個人的な採点は、申し訳ないのですが、65点です。


♪ファントムライター
trend-up.net/phantomwriter/it/
Trend-up Worksの五十嵐さんの商品ですし、ある程度の信頼性は最初から感じていました。このソフトの長所は、あらゆるカテゴリーの記事生成に対応していることです。他のソフトのように、ジャンル別の別売りの辞書等を購入しなくてもいい点です。そして、ネット上から元テキストを収拾していない、という仕様。個人的な採点は、80点です。


♪KIJII改
clearism.jp/up_kijii/
私的には、SEOのバックリンク提供で何年もお世話になっている「クリアイズム」さんの作品です。 特長としては、関連するTwitterの記事や、YouTubeの動画、Yahooニュースが自動で挿入されて、全体のコンテンツのボリュームが増加されるところでしょうか。そういった意味では、他には無いユニークな機能が組み込まれていました。個人的な採点は、80点です。


♪今井佳宏さんの文章自動生成ツール群たち
文章を自動生成する、まともな? ソフトの先駆者は、私的には、今井佳宏さんだと思っています。今井さんのソフトは数年前からバージョンUPを続けています。内容としては、ブログ用もあり、サイト用もありで、サイト用はHTMLも自動生成します。最大の特徴は、PHPを使い、アクセスする度に違うコンテンツが表示される点です。個人的な採点は、数年前までは100点満点でしたが、今は90点です。(PHPの設定が必須ですので、ネット初心者には少し勉強が必要かも)

今井佳宏さんのツール群は、ジャンル別に沢山あります。
以下にその代表的ないくつかを列記します。
株式投資系(サイト用)  → 株式投資系(ブログ用)  → 病気・健康系
美容スキンケア  → 英語学習系  → FX・投資系
アフィリエイト販売系  → アダルト系

これ、公開は本当はマズいのですが、今井佳宏さんの サンプル です。


♪アイドルモンスター
netbizlab.com/products/idm/itb/
アイドル画像の自動投稿に特化した自動生成ツールです。山本寛太朗さんと言えば、「つぶやきアフィリエイトMAX」とか「動画王」で私なんかには有名なかたです。アイドル系は、アダルトアフィリとかとは違って、各ブログの制限もなく気軽に投稿できるので、リスクは少ない割には、アクセスも集まるトピックだと思います。1000種のブログへの対応版と、100種のブログへの対応版があります。個人的な採点は、90点です。


♪バブルアップ記事メーカー
bubbleupmaker.com/
使い易さもいいのですが、RSS等を使って他人の記事を流用しないのと、ジャンルにこだわらない文章が生成される点が気に入っています。あと、これ結構気に入っているのですが、関連する検索ワードが自動的に挿入されるモードというものがあります。グーグルやヤフーだけでなく、アマゾンやブリング等のいわゆるサジェストキーワードを取得する機能もサポートされています。個人的な採点は、90点です。


♪人工知能ロジックで、テキスト文章をリライト
http://info.iax.jp/LP55.html
皆さんが、一番面倒と感じるリライトの作業。この作業を1クリックで熟してしまう、新しいタイプのリライトツールです。このソフト(Windows専用ソフトです)の特徴は、改行の設定、タグの自動挿入、それに、H1等の見出しや、フッターすらも挿入可能なところです。人工知能のアルゴリズムを採用してリライトされた文章は、人間が読んで、かなり自然な流れを保つ文章になっています。このソフト、私的には、かなりのオススメです。これは、間違いなく90点ですね。


♪メイン サイト リライター MSR(Ver.UP版)
main-site-rewriter.xyz/
私がベストとして推薦する、下の「PSW Ver.2」と同じ制作者が作られた、PSWとはかなり趣旨が違う文章自動作成ソフトです。(正確に言うと、自動作成というよりも、自動リライトかな) このソフト、実際に使ってみると、あまりにも便利というか、簡単過ぎるというか苦笑。何と! マウスの操作だけで、目の前にある文章をリライトすることができる新発想のリライトツールです。目指す所はあくまでもリライトなので、個人的な採点は、これも90点でしょうか。
●Ver.UPされたMSR この「メイン サイト リライター MSR」ですが、Ver.UPされてから、予想以上に使いやすくなりました。リライトのチカラも確実にアップしています。ですので、採点は6点プラス、96点にさせて頂きます。


矢印

文章自動作成ソフト、これが私のベストです

株式会社T.P.L.Consultingさんの「PSW Ver.2」が、今まで私が出会った文章を自動で作成するソフトの最高峰であると断言します。Ver.1もかなり素晴らしいソフトでした。それがVer.2に、最近バージョンアップされました。

特長としては、テキストでもHTMLの形でも排出でき、自分のアフィリエイトのリンクも文章の中に自動で入れることもできます。挿入するリンクの位置も設定できます。あと、Ver.2で実装された機能に、ブログへの自動投稿もプラスされました。

ジャンルの種類もかなり増えて、現在では60種です。しかも、あなたが攻めているジャンルが無い場合は、新しいジャンルを製作者にリクエストすることも出来ます。(ただし、アダルト系はダメですが) 吐き出すHTMLのテンプレートの数も増えました。個人的な採点は、100点です。

こんなのバラしちゃっていいのか分かりませんが、因みに、このような文章が生成されます。私のED系のHTMLの サンプル になります。サテライト用というか、被リンク系のサイトでは、このマンマの文章で充分いけそうですが。

文章を自動で生成するソフトの最高峰はコレ
文章を自動で生成するソフトの最高峰はコレ

矢印

リライトは大事です

やっぱりオリジナルでユニークな文章こそ

色々な文章を自動で作成するソフトの使用感を、私なりに書いてきましたが、冒頭で述べたように、一番大切なのは、自分自身の見解や意見で書いたオリジナルでユニークな文章なのは確かです。

でも、正直言って、一番に労力を裂く作業って、文章を書くことじゃないですか~。こんな事は、サイトを一度でも作った経験がある人は、充分に解っていることですよね。特にアフィリエイトをしている方々には。

そんな方々に対して、私がアドバイスすることは、下地の文章は自動生成ソフトに任せてもいいですから、その上で、自分の見解とか意見を取り混ぜて、リライトする作業はとても大事だということです。どんな自動文章生成ソフトを使うにしても、自分なりのリライトは絶対にして下さいね。

自動生成ソフトの進化

私の場合8年程前から、ボチボチまともになって来た、文章を自動で生成するソフトを使ってきましたけど、生成された文章を読むと、当時は何これ? みたいな意味不明な文章がほとんどでした。人間が理解できる文章のレベルに達していないというか、初めて来日した外国人が日本語を話しているような感じがしました。

理化学研究所の「京」クラスのスーパーコンピュータを駆使するようなシステムだったらいざ知らず、日本語入力FEPを設計するようなレベルには全く達していない、素人プログラマーが開発する自動生成アルゴリズムですから無理もないんですけど。

しかし、最近は自動生成される文章も、どことなく話しの筋が通っているというか、人間が読んでも(人間しか読みませんが)まあまあ遜色の無いレベルまでには来たような気がします。特に上に挙げた「PSW Ver.2」はこれからの進化も注目です。私が試しに買ってサンプルとして挙げた文章を読んでいただければ、一目瞭然だと思います。

段落どおしの繋がりが今後の課題

ただ、どのソフトもそうなのですが、200~300文字程度の段落(パラグラフというの?)内での内容は充実しているのですが、前後する段落同士の内容の繋がりがイマイチなのです。流れが無いというか。

これはどのソフトも、段落単位で文章制作を処理しているからだと思います。結果として、複数の段落を生成した文章群を全体として俯瞰して読んでみると、何回も同じような内容や言い回しが出て来たりします。

このような弱点が、文章を自動で生成する今のソフトには存在します。ですので、自分なりの感想や意見を加筆したリライト作業がいかに大事かということです。前後の段落との整合性というか、流れみたいなものをリライト作業で補うのです。

同じような文章がネット上に溢れ、グーグル様に感知されてペナルティを喰らうというリスク以前の話しで、ただただSEO的なバックリンク欲しさに、ゴミのようなサイトを量産してもかなり恥ずかしいですし。(このページもそうかな?苦笑)

接続詞的な役割を持つ段落もアリだと

小説でも解説書でも、段落(パラグラフ)を適度に付ける事は、とても重要な意味を持っていると思います。ただ単に文章を読み易くするというだけではなく、主張や流れの切れ目を表現する為に段落はあるのだと思うからです。

もちろん、前後する段落の内容と、何かしらの関係を保ちながら、段落自体で独立した一つの主体を表現しているべきだと思います。ですので、ページ全体、本全体を俯瞰して見た時、一つ一つの段落の内容も、もちろん、全体のテーマや主張に沿ったものでなければならないのです。

前後の段落どうしが、話しの流れを壊さずに、順序立てて結論へと導かれなければ、全体としての理論に不協和音が発生し、どう読んでも不自然な流れが発生してしまい、非常に違和感のある文章になってしまいます。

このようなことからも、文章を自動で作成するソフトの今後の大きな課題としては、段落どうしが、密接にスムーズに繋がるような内容を自動生成することではないでしょうか。その為の一つのアイデアとして、前後の段落の繋がりを滑らかにするためにも、接続詞的な役割を持たせる文章を持つ段落の自動生成も、新たに必要なような気が私はしています。

矢印

面倒くさがり屋さんの超裏ワザは?

自動作成した後の文章を、いかにリライトするかが、記事のオリジナル性を語る上で、とっても重要と記述しました。本当にその通りなんですが。文章をイチから書き起こす作業って、想像以上に労力がいるものです。沢山のサイトを管理している方や、アフィリエイトの経験がある人には納得して頂けると思います。

ですので、やっている人は既にやっている? 超が付く程の「面倒くさがり屋さん」の「超裏ワザ」を一つご紹介します。良い子の皆さんは真似しないで下さいね苦笑。

自動生成した文章を自動リライトする

ズバリ結論です! 「PSW Ver.2」で自動生成した文章を、「人工知能ロジックで、テキスト文章をリライト」や、「メイン サイト リライター MSR(Ver.UP版)」を使ってリライトするのです。(こんな方法、紹介していいのかな~苦笑)

まあ、他の自動生成ソフトを使用して発生させた文章でも、街のブックオフで、一冊100円で買って来た古本を、自分自身で、その主要部分をなぞったり、スキャンしてOCRソフトで読み込んだ文章でもいいのですが。

そうそう、これも余計な情報かもしれませんが、OCRソフトですが、有料なものを購入する必要は全く無いと私は感じています。例えばですね。グーグルの「CLOUD VISION API」を使ってみてください。素晴らしいOCRソフトとして使えますので。ここでは詳しく説明しませんけれど。

矢印

【追伸】これも絶対にオススメ

最後に追伸として。このサイトを見て頂いてありがとうございます。このサイトに来られた方のほとんどは、アフィリエイトに興味がある方だと思うのです。だって、文章を自動生成するソフトなんて、アフィリエイトをしている以外の普通の人々?には、全く必要のないソフトだと思うので。

で・・・笑。アフィリエイトをするんだったら、文章を自動生成する次に大事なこと。文章を自動で生成するソフトを実際に使ってサイトを作りました。でも、アクセスが全く集まりません、じゃ、意味が無いですよね~。ご自分が作ったサイトを、狙ったキーワードで、検索で上位に表示しなければなりません。これが一番大事なこと、と言っても過言ではないでしょう。要するに「SEO」ですよね。

私だって一応、しがないアフィリエイターのはしくれです。今まで、SEOには莫大な時間を割いています。そんなチンケな私がオススメするのは、ご自分が作ったサイトを客観的に眺め判断してみる作業。これ、とっても大事です。いくらコンテンツが素晴らしいサイトを作っても、誰からもアクセスが無ければ、あなたの作業は徒労に終わります。

自分のサイトを、客観的に見つめ、何が良くて、何が不足していのか? 競争相手は現実に何をしているのか? そのSEO的な核心に迫るのが、アフィリエイター専用SEO分析ツールCOMPASSです。正直言って、あの有名な検索順位チェックツールGRCより、全然いいです。騙されたと思って一度ココを覗いてみてください。

もう一つのオススメ。

丸山広樹さんって、ご存知ですか? アフィリエイターなら、この人を知らないとモグリ? 苦笑 だと思います。数年前ですかね、何回か行われた、「アカデミアジャパン・石田さん」での、あの丸山塾を体験されたアフィリエイターも多いいと思います。そうなんですね、あの緩~い、いい感じのキャラで超有名なアフィリエイター「丸山広樹」さんです。

私が何を言いたいのかというと・・・。そうです、あの彼の文章です(笑)。な~んで、あの丸山さん節の文章が、アフィリエイトで成果が出てしまうのか? 不思議ですよね~笑(皆さん、そう思っているでしょ?) だって、いわゆる、コピー文章を語る偉い?先生達が書く文章とは、程遠い文章。(すいません、失礼)

丸山さんの文章が、どうして現実に売り上げを伸ばしてしまうのか。このサイトの趣旨、文章の自動生成とか自動リライト? こういう次元を超えた、現実として売れる文章というか、売れてしまう文章。

だって、いくら、ペルソナとかアイドマといった、大コピーライトの先生達・大広告代理店が語るマーケティング理論を駆使しても、現実には、丸山さんの文章には太刀打ち出来ない現実があるのです。

この答が、丸山広樹さんが語るアフィリエイトに特化した文章術です。高名なコピーライターの先生達が語る文章術、文章制作ロジックとは、全然違うフィールが学べますよ~。現実に人の心を動かす売れる文章とは何か? なんだと思います。

次回の更新に続く・・・

このページの先頭へ