本気で人生を変えたい人に〜「私」は今日から何をすればいいのか

本気で人生を変えたい人に

グローバル化

厳しい世の中です。これからもっと厳しくなっていきます。日本国内もグローバル化が進み、若者の競争相手はアジアの若者達に。TPPでアメリカの資本も今以上に入って来ます。競争に勝てない若者は、体力さえあれば誰にでも出来る簡単な仕事に流れざるをえません。

ブラック企業という言葉さえ最近はニュースに取り上げられるようになりました。一度に沢山の新入社員を募集して、過酷な労働時間と安い給料でこき使います。そして数年で使い捨てる。正社員という甘い言葉で採用されて、低賃金で若い労働力を酷使して、会社の利益を最優先に追求するだけのビジネスモデルが蔓延している社会です。

誰にでも出来るような仕事

体力と時間さえあれば誰にでも出来るような仕事を、朝から夜まで根性だけで何年もこなしても、未来に繋がるような仕事の経験やスキル、ましてや人脈なんて身に付く訳がありません。仕事のキャリアを得る事が出来ないので、違う会社に転職する事も、自分のチカラで起業する夢も完全に絶たれてしまいます。

自分の才能を見抜き
価値あるモノへと変える

就職や起業が若者にとって極めて困難になる程、将来の壁を乗り越える為の具体的なマニュアルも販売されています。就職活動マニュアル、自己啓発マニュアル、ネットビジネスで生き残るマニュアル等。若者や中高年の不安をビジネスに変える商材が沢山出現しています。しかし、自分の本質というか、本当に自分に必要なものを見極めるチカラが欲しいのです。才能とは何か? 価値とは何か? 人生とは何か? そして「今の私」とは何か?

ビジネスや人生の悩みを
解決して自らを成功へと導く

今の私とは?

一日の間に少しだけ、落ち着いた時間を作って下さい。ぜひ謙虚になって下記の「プロジェクト・実践マニュアル」を毎日読んでみて下さい。コバカにするような気持ちを捨てて下さい。必ず自分の進むべき道、今から何をしたらよいのかが具体的に明確化出来ます。目的を持った「私」は、非常に強い人間に変わりますから。

メンタルブロックを超え「今の私」を変えるプロセス
メンタルブロックを超え「今の私」を変えるプロセス

 

人は一人で生まれて一人で死ぬ

辛いかもしれませんが、結局のところ、人は一人で生まれて一人で死んでいきます。この一度しか無い人生。自分だけのチカラで生き抜いて行く覚悟を持ってください。私は思います。自分が決断して自分が実行する。このプロセスに於いて、友人も家族も誰も助けにはなりません。自分だけを信じて、自分だけを頼りに。そうすればたとえ失敗しても悔いは残りません。

自己犠牲?

他人や家族の為の自己犠牲とは、本当に美しいものでしょうか? 自分を信じるとはどういう事でしょうか。自分がこれから起こす事は絶対に正しい。それによって起こる事も全て正しい。この位の信念が無ければ、自分を本当に変える事なんて、この厳しい世の中では不可能に近いと私は思います。

家族のことを心底から想うなら、まずは自分が成功することです。自分の人生を変えてみることです。私が私の想う成功を手にすれば、きっと私の家族も幸福になるんだと考えることです。家族の幸せは後から付いてきます。

自己犠牲なんて言葉は私に言わせればとてもインチキ臭い。何も出来ない自分を正当化する言葉にしか思えないのです。他者の犠牲になるなんて発想は今直ぐに捨てて欲しいです。最後に信じられるのは自分しかいない。自分の人生を変える事こそ、家族への最大の愛だと私は信じています。

新しい人生に踏み出す事だけに集中

社会の混沌化にはますます拍車がかかるでしょう。特に若者は自分のチカラで生きて行かなくてはならない。他人に頼り、家族に頼り、規則に縛られ、疲弊していては、自分の意思を貫くことは出来ません。もっと自分を追い込み、ギリギリの極限状態での行動と思考では、プライドも恥もありません。自分がこの苦境の社会から抜け出すこと。

今現在の事態を変えること。ただただ新しい人生に踏み出す事だけに集中することを考えるべきだと私は思っていますし、私自身もそうしています。ラクして何もしなければ今の世の中ではギリギリの局面に遭遇しなくても生きて行けます。とにかく会社という組織を頼ったり、管理社会に都合が良く作られた常識に判断を委ねたり。

しかし。何度も言いますが、社会や組織の庇護から自らを解き放ち、自分の運命を切り開くと決意した人間には、自分だけで行き抜く覚悟と、その具体的な戦略が必要です。私は、私の周りをも蹴散らして生きる、本気で私の人生を変える方法と手段を既に手に入れています。

メンタルブロックを超え「今の私」を変えるプロセス >>>

 

イノベーションって?

私は思うのですが、自分の人生を変える、って、結局は、自分の中に「イノベーション」を起こすという事なんですよね。イノベーションを自分の中に起こそうとしたら、社会に起こそうしたら、どうすればいいか。脳科学者や社会学者が口を揃えて言う、イノベーションを起こす要点は二つです。

自分を深く掘り下げる
自分と違う分脈と交流する

とにかく日ごろから、自分は何をしたいのか? 何をすれば幸福なのか? それにはどうすればいいのか? 今何かをやっているか? 今やっている事は将来の自分に向かっていることか? を自問自答しながら日々進んでいる実感を得ることです。発想し努力し、自分を深く掘り下げること。そして、自分と違う分脈にいる人、違うコミュニティを作っている人や情報と交流をする。誰もがイノベーションの要因として、この2つを上げます。

私も正解だと思います。前段階でやっておかなくてはならないマストは、自分の興味を徹底的に掘り下げておく思考努力だと思うんです。圧倒的な情熱の繰り返しの準備がなければ、違う世界に飛び込んでも「あ! これイケルかも?」にならないのだと思うのです。私は、この感覚がとってもよく分かります。

誤解のないように言いますが、これってスキルや知識をもっと増やせ、と言っているのではないと思います。そうじゃなくて、自分の欲求・興味・好奇心の探求のことで、多知識保持のレベルじゃダメで、知識を越えた、自分の頭で考え抜いた探求が無ければイノベーションは起こらない。事前に「考え抜いておく」が一番大事なんだと思うのです。

自分で考える

正直言って、この「自分で考える」が、実は一番しんどい作業だと思います。沢山の他人の意見を聞いて、その中から自分に合った意見をチョイスするのはとってもラクですよね。それでもイッバシの発言は出来る。でもそれでは、自分の中の一点と、他の分脈の中にある一点が繋がらないんです。イノベーションの発生のメカニズムとは、こんな感じがします。

 

☆☆本気で人生を変えたい人に〜「私」は今日から何をすればいいのか

| 直感だけで生きてきたら猫が鳴いた |